広島県廿日市市阿品台で外壁・屋根塗装をされたお客さんの事例

リフォームデータ

施工箇所

外壁、屋根、鉄部、雨樋

屋根塗料

下塗り塗料(アステック モニエルパワープライマー)
仕上げ塗料(アステック リファイン500SI-IR)


外壁塗料

仕上げ塗料
(アステック スーパークリアーF)

屋根塗装色

ミッドブランズウィックグリーン/8099


外壁色

カラーボンドベージュ/8083

その他塗装

鉄部、雨樋、塗料
下塗り塗料(アステック エポパワーメタルJY)
仕上げ塗料(アステック マックスシールド1500Si-jy)
雨樋色、モール色:ミッドブランズウィックグリーン/8099
水切り色:チャコール/8079
軒天色:ストーン/8089


予算とお色替えでお悩みだった広島県廿日市市に
お住いのお客様の塗装をしました!

     施工前はこちら     

 

屋根の塗料が紫外線で薄くなっており、
このまま放置すると雨漏れの原因になるので、注意が必要でした。

さらに、コケがたくさんついて汚れが目立っています。 外壁をみても、光沢がなくなって、シーリングも切れておりました。

外壁塗装



高圧洗浄

高圧洗浄で洗い流していきます。
トルネード洗浄で勢いよく建物の汚れを落とします。
これだけでも建物はピカピカ。
今回はクリア塗装仕上げなので、しっかり壁を洗っていきます。



中塗り



上塗り

お気に入りのデザインなのに…
そんな時でもご安心ください!
今回使用したアステック SDクリアーFは
色がついていません。

別の色の塗料を塗ってしまうと、この外壁の柄はなくなってしまいます。

このアステック スーパークリアーFは、
現在の外壁のデザインをそのまま残し更に光沢を出すので、
まるで新築の頃のような仕上がりになります!

屋根塗装

屋根も外壁同様に高圧洗浄を行い、
古い塗膜や汚れをしっかり洗い流していきます。
コケやカビをしっかり落としてから塗装に入ります。
モニエル瓦は一度では取れにくいスラリー層があるため、
今回は2回洗浄を行いました。



下塗り 一回目



下塗り 二回目

アステック モニエルパワープライマーで下塗りしました。
この建物は下地の吸い込みが非常に多いため、プライマーを二度塗りしました。
下地をしっかり染み込ませることによって上から塗る塗料との密着力をより高めることができます。



中塗り



上塗り

アステック リファイン500SI-IRを使用し色を塗っていきます。
プライマーで下地をしっかり固めて、中塗りを行いました。
中塗りで下地が見えないように塗装するのがポイントで

もう一度上から塗装します。
カラー(ミッドブランズウィックグリーン/8099)
上塗りでは薄塗してしまうと膜厚がつかないので、
伸ばしすぎないように塗っていきます。

使用している塗料には遮熱成分が入っているため、
遮熱効果は抜群です!!

計4回塗り仕上げとなりました。
下塗りをしっかり行わないと、
ムラができて色が付きにくくなり、仕上がりも悪くなってしまいます。
もちろん耐久性も低下します。

その他の塗装



雨樋 中塗り



雨樋 上塗り

アステック マックスシールド1500Si-jyを使用しました。
雨樋などは塗る前に、ケレンをして密着性を上げることが必要です。

カラーはミッドブランズウィックグリーン/8099です。
二回塗ることで光沢が出て、対候性が上がります。



軒天塗装 中塗り
(マルチエース)



軒天塗装 上塗り

一回目の軒天塗装です。
軒裏は湿気と防カビ性に優れた材料で塗装していきます。

もう一度上から塗り仕上げます。
カラー(ストーン/8089)
一回塗りだと透けや塗りムラになるので二回目でしっかり仕上げていきます。



水切り



水切り 中塗り

まずは錆止めを塗っていきます。
(アステック エポパワーメタルJY)
錆が発生しないようにケレンして、錆止めを塗っていきます

一回目の塗装です。
アステック マックスシールド1500Si-jy使用。
中塗りで錆止めを保護します。



水切り 上塗り

仕上げの塗装です。
カラー(チャコール/8079)
仕上げ塗りでは刷毛目が出ないように塗ります。この際、仕上がっている壁に付かないように塗っていきます。

 カラーは二色使いで仕上げています。

デザイン性を高めるため、
それぞれ違うカラーにすることもできます。
お客様のご要望で横どいは少し暗めの色で仕上げました。
相談しながら一緒に決めていきます。



小庇塗装

アステック エポパワーメタルJYで錆止めを行います。
小庇は雨がよくあたるところです。 錆止めをしっかり塗ることが劣化防止につながります。



小庇塗装 中塗り



小庇 上塗り

アステック マックスシールド1500Si-jyを使用しました。
よく使われている塗料はウレタンが多いのですが、はらけんでは耐久性を考えて、
シリコン系塗料で塗装します。

もう一度仕上げに塗りました。
カラー(チャコール/8079)
鉄部は錆止めを含めて三回塗りを必ずします。



幕板塗装 中塗り



幕板塗装 上塗り

破風を塗装していきます。
まずは1度目の塗装。
クリア塗装の現場では仕上がった後に付帯部を塗るので、塗料が壁に落ちないように塗るのが重要です。

仕上げの塗装です。
カラーはミッドブランズウィックグリーン/8099です。
仕上げ塗りでは、中塗りが乾燥したのを確認して塗ります。
乾く前に塗ってしまうと、つっ張って塗りにくいのです。

   施工が完了しました。   

施工前

 

施工後

壁を見たら光沢が乏しく、シーリングも劣化がすすんでいました。
屋根は塗装が全体的に薄くなっておりコケも生えている状況です。

 

外壁は艶が戻り、屋根や付帯部の色を緑色に統一したことで、一体感が生まれ、明るい雰囲気になりました。

施工前

 

施工後

外壁に光沢がよみがえり、幕板の色が変わったことにより、
とても明るい仕上がりになりました。
コーキングも特別な高耐久のものを使用したので、
今後も安心して暮らせます。

     お客様の声     

はらけんリフォームで契約する前にどんなことで悩んでいましたか?

予算では見積もり前にかなり高額になると予想していましたが、
   各塗料による見積もりをして頂いたので比較や判断が出来ました。

何がきっかけで、はらけんリフォームを知りましたか?

既存客

はらけんリフォームを知ってすぐに契約しましたか?しなかったとしたらなぜですか?

すぐに契約しました。迷いわなかったです。

何が決め手となってこの、はらけんリフォームを選ばれましたか?

各塗料の特徴や耐久性の説明と、工事の手順とその内容説明と
   見積もりが決め手となりました。

施工後の感想はいかがですか?

もっと高額な見積もりがでると思っていましたが、
   色んな種類の塗料の見積もりを出して頂き、
   大変わかりやすかったです。
   工事でも、職人さんが見えない所まで丁寧に工事をしてくれ、
   満足しています。

     スタッフの声     

 

この度は、ありがとうございました。

今回も、はらけんリフォームを利用して頂きありがとうございました。

外装もメンテナンス的に丁度いい時期に、
塗装工事をされたと思います。

外装も劣化していたので、
高耐久のアステックペイント塗料を選んで頂きました。

外壁塗装以外にも、内装のボードなども傷んでおり、
どの程度まで修復をしたらいいのか悩んでいましたね。

費用対効果で効率的な工事をさせて頂きました。

また、クロスの模様についても一緒に考えて、
満足して頂き嬉しかったです。

今後も、困ったことがあれば、
ご連絡よろしくお願いします。

追伸,
広島県廿日市市の方もお気軽にご相談ください。