東広島市西条にお住いの「西田さま」屋根・外壁塗装の事例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

東広島市西条のお客様の屋根・外壁塗装を行いました

 

 

 

 

塗装会社さんの知り合いの方はいないしどこか信頼のできる方はいないか?と悩んでいた西田さま。

娘の町内会に金山さんがいらして話をしていると、塗装の会社に勤められていると知り、
娘から紹介してもらい「はらけんリフォーム」を知り、直ぐに見積もりしていただき契約しました。

営業担当の金山さんの人柄と、はらけんリフォームさんの仕事内容が決め手となりました。

工事後の感想
細かいところまで丁寧で、下塗り、中塗り、上塗りと三度も塗って頂いてありがとうございます。全てが終わり「終わりました」と声をかけてくださり見てみると工事前に家の周りに色々と物を置いていたのですが、以前と同じ所に置いてあり「そこまでしてくださって…」とびっくりしました。本当にありがとうございました。


施工前はこちら

 

 

 

 

 

 

紫外線によってチョーキング現象を起こして、ひび割れも入っている状態でした。
裏面は日照率が悪いため、カビやコケが生えていたので、しっかり下地処理をしてあげることが重要です!

~外壁塗装~

◆高圧洗浄
カビやコケを滅菌処理して、雨だれもしっかりと洗い流しました。
駐車場の土間も洗浄という事だったので、真っ黒だった土間は真っ白でキレイな状態まで復活しました。

 

 

 

 

 

 

◆下塗り(アステック ホワイトフィラーA)
下塗り前にしっかりとクラック処理を行ってから下塗り作業に入りました。
下塗りはしっかりと厚みをつけて、念入りに隅々まで塗ることで防水性はバッチリです!

 

 

 

 

 

 

 

◆中塗り(超低汚染リファイン 1000Si-IR)

下塗りを厚みをつけて隅々まで塗ったので、下塗りが出ないように確認しながら塗っていきました。
遮熱性の塗料なので、塗った直後は青っぽい色なんですが乾いたら指定した色に変身するんです!
僕も経験年数が浅い時は、不思議に思っていたんですが、未だに不思議に思います、、、

 

 

 

 

 

◆上塗り(カラー:ペリウィンクブルー/9006、ヤララブラウン/8077)

仕上げの作業なので、気を引き締めて確認しながら塗っていきました。
透けが無いように注意しながら仕上げていきます!塗った職人の腕も真っ白になるくらい頑張ってます。
施工前の色と施工後の色が全く違う仕上がりなので、塗った後の僕らも結構、感動するんですよね。

 

 

 

 

 

 

~屋根塗装~

 

◆高圧洗浄

屋根のカラーベストの状態はまだまだキレイ状態でしたが、頑固なコケがびっしりと生えていました。
トルネード高圧洗浄で、ごっそりと洗い流していきます。

 

 

 

 

 

◆下塗り(サーモテック)

カラーベストの状態は、見てのとおり最高にキレイな状態です。仕上がりが楽しみですね♪
劣化が酷い箇所には、下塗りを2回塗って吸い込みが無い状態にまで施工していきます。

 

 

 

 

 

◆中塗り(超低汚染リファイン 500Si-IR)

見てのとおり遮熱性の塗料なので、青っぽい色からグレーに変身するんです。
不思議な塗料なんですよ!2液型でとても強い材料で、なおかつ遮熱もバッチリです!
暑い夏でも、快適に過ごせますよ。

 

 

 

 

 

 

◆上塗り(カラー:チャコール/8079)

風が吹いたら飛散する場所での作業なので、注意しながら仕上げていきました。
塗り忘れが無いように確認の確認で作業していきます。屋根には滅多に上がりませんからね。

 

 

 

 

 

 

 

~軒天塗装~

◆中塗り(マルチエース)

軒天はあまり汚れる場所では無いですが、意外と排気ガスで汚れているんです。
湿気が溜まりやすい場所でもあるので、発散性のある塗料を念入りに塗っていきました。

 

 

 

 

 

 

◆上塗り

軒天の仕上げの塗装に入ります。これがまた結構、飛散する作業なんです。
現場の周りに車などが停まっていたら、専用の養生シートで飛散防止対策をしっかりとして作業しました。
顔が真っ白になるくらいまで作業して、付いているのを忘れてそのままコンビニなどに行くと
笑われてしまうんですよね(笑)

 

 

 

 

 

 

 

~その他塗装~

 

小庇塗装 錆止め(エポパワーメタル)

雨が直接当たる場所なので、どこの家も錆びたり汚れが溜まっています。。
しっかりとケレン作業して、塗料の密着を良くしてから錆止め塗料を塗っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

小庇中塗り(マックスシールドSi)

錆止め塗装後にしっかりと厚みをつけて塗っていきます。
この時に透けて出ていると、次の工程で厄介なので、透けが無いように塗っていきます。

 

 

 

 

 

◆小庇上塗り

しっかりと艶が出るように確認しながら塗っていきます。
仕上げた小庇に虫が付いたりすると、一人で虫に腹立ったりしてます・・・(笑)

 

 

 

 

 

◆雨どい塗装 中塗り(マックスシールドSi)

黒い雨樋が紫外線によって色褪せて青白くなってますね。
カラーのご希望は「茶色」との事でしたので、透けないように注意しながら塗っていきました。

 

 

 

 

 

◆雨どい塗装 上塗り

新品同様なくらい、艶も出てピカピカしてバッチリな状態ですね。
雨樋がキレイに仕上がると、家全体が締まって見えますね。

 

 

 

 

 

 

 

◆破風塗装 中塗り(マックスシールドSi

既存が黄色っぽい色ですが、茶色をご希望という事でしたので、色替え塗装しました。
軽くペーパーで擦って、汚れを除去して、欠損部はパテで形成して塗装していきます。

 

 

 

 

 

◆破風塗装 上塗り(カラー:ヤララブラウン/8077)

仕上げの塗装になりますが、しっかり艶が出るまで塗っていきます。
破風板は外壁の次に一目に置きやすい部分なので、念入りに確認しながら作業します。

 

 

 

 

 

 

~その他部分的な塗装~

◆下塗り(サーファポアC

表面の素材感を変える事なく、長期に撥水効果を維持して、
水アカやカビなどの汚れから守ってくれる材料です。
吹付けでの作業になりますので、飛散に注意しながら塗っていきました。

 

 

 

 

 

 

 

◆上塗り

1回目の塗装後、3時間以内に2回目の塗装を行います。
2回目の塗装後には水滴が玉になって、撥水して守ってくれます。
塗装直後に雨が降らないか注意しながら施工し、これでレンガ調タイルも防水性能バッチリですね。

 

 

 

 

 

 

施工完了!!!


 

施工前

 

 

 

 

 

 

 

施工後

 

 

 

 

 

 

 

塗装工事バッチリ完了しました!色も全く違いガラッと変わって私たちも完了後に感動しました。
チョーキング現象を起こしていた外壁ですが、しっかりと厚みをつけてガッシリとした壁に仕上げて、
裏面のカビやコケも下地処理でしっかりと滅菌してから塗装し、
塗料も防カビ性で汚れの付きにくい塗料にしたので、これでカビやコケや雨だれ対策もバッチリです。
塗装前の黄色い家から、塗装後の白でワンポイントで茶色を入れて、
重厚感のある、新築のような仕上がりになりました。
お客様もとても優しい方で、毎日色々と気遣ってくださり、心も身体ほっこりとして
気持ちよく作業をすることができました!

 

広島で外壁塗装のことならお任せください。
電話番号:082-847-2648

ホームページはコチラ↓↓

http//www.harakenkou.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。