東広島市志和町にお住いの「谷村さま」外壁塗装の事例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

東広島市志和町にお住いのお客様の外壁塗装を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

家族に理解させることが一番のお悩みだった谷村さま。

インターネットで県内の業者をお探しのところ、当社を見つけてくださいました。

誠実さの伝わる営業であったことや、仕上がりのイメージが湧きやすいように
家の切り抜きを作ったことが決め手となり、すぐ契約されました。

施工後の感想
満足しております。

施工前はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


サッシ廻りにクラック(ひび割れ)が起きている状態でチョーキング(色褪せ)も酷くなっていました。これは早く塗装してあげないといけない状態です。

~外壁塗装~

◆高圧洗浄
高圧トルネード洗浄で洗い流します。チョーキングした壁もトルネード洗浄で根こそぎ落としていきます。
玄関周りの土間も家の顔ですので、黒くなった雨シミやコケもしっかり洗い、ピカピカです!

 

 

 

 

 

 

◆クラック処理
地震や車の揺れなどでヒビ割れが出てきます。シーリング剤を使ってヒビも完全に埋めました。

 

 

 

 

 

 

◆下塗り 1回目(アステック エポパワーシーラー)
紫外線や雨によって防水性がほぼ無い状態なので、浸透性シーラーを塗っていきます。
すぐに吸い込んでいく状態だったので、これが雨水と考えたら恐ろしいですね…

 

 

 

 

 

 

◆下塗り2回目(アステック ホワイトフィラーA)
防水塗材(ホワイトフィラーA)を塗っていきます。
下地が1番大事なので、念入りに隅々まで防水塗膜を作っていきます。
浸透性シーラーを塗っているので、吸込みはあまり出ませんでしたが厚めにしっかりと塗りました。

 

 

 

 

 

 

 

◆中塗り(アステック EC5000PCM)
伸びる塗料こと(EC5000PCM)を塗っていきます。性能が良い材料は施工するのが難しいですが、細かい所まで確認しながら施工していきます。下塗りのフィラーが出ないように気を配りながら塗っていきます。中塗りを塗ると施主様にも完成のイメージが湧いて頂けると思い、ついつい「イメージ湧いてきました?」と聞いてしまうんです(笑)

 

 

 

 

 

 

◆上塗り(カラー:カラーボンドベージュ/8083)
伸びる塗料の完成真近です。これを外壁に塗りきると完全最強の鎧ですね。
キレイなベージュ色の外壁に仕上がりました。
防水にも強く、ひび割れにも強いこんな塗料があるなんて思いませんよね?
はらけんにはそんな最強な塗料があるんです!

 

 

 

 

 

 

~軒天塗装~

◆中塗り
湿気がたまりやすく、排気ガスで真っ黒な状態になっている軒天ですが、キレイに塗装していきました。
塗る場所の真下に入るので、顔が真っ白になるんです…(苦笑)

 

 

 

 

 

 

◆上塗り
軒天の仕上げの塗装です。結構、人目につく場所なので気を配りながら塗っていきます。
塗りムラや塗り継ぎが出ると目立つ場所ので、念には念を入れて仕上げていきました。
やっぱり顔は真っ白です!(笑)

 

 

 

 

 

 

~雨どい塗装~

◆中塗り(アステック マックスシールド1500Si-jy)
既存(塗装前)は白色の雨樋でしたが、施主様の希望で黒色に塗装していきました。
中塗りでしっかり塗膜を付けて太陽の光(紫外線)や雨水の雨垂れに負けないように塗って行きます。

 

 

 

 

 

 

◆上塗り(カラー:黒)
中塗りでしっかり色を乗せて塗っていますが、艶をしっかりと出す為に上塗りを塗って行きます。
悪い業者は1回の中塗りだけで済ませたりしますが、弊社は絶対に手抜きはしません!
この仕上がりピカピカの艶を見て確認してみてください!

 

 

 

 

 

 

~鉄部塗装~

◆ケレン掛け
既存の鉄部にしっかりと傷を付けていき、また細かい砂埃なども除去して密着性がでるように下地を作っていきます。

 

 

 

 

 

◆錆止め(アステック エポパワーメタルJY)
この塗装は錆止め塗装と言う作業になります。
錆びの進行を止めて、また次の工程のペンキとの密着性も繫げてくれる大事な作業になります!

 

 

 

 

 

 

◆中塗りアステック マックスシールド1500Si-jy)
鉄部のペンキの中塗り作業になります。
雨樋の塗装のときと同様に錆止めを塗ったところが出ないように確認しながら塗っていきました。

 

 

 

 

 

 

◆上塗り(カラー:黒)
鉄部のペンキの上塗り作業です。
雨水が直接的にあたる部分なので、重要箇所ですが
これでしっかりと水も弾いて、雨漏れも心配いりませんね!

 

 

 

 

 

 

~基礎塗装~
基礎は建物の土台なので、ここが劣化して放っておくと重大なことになります。建物が傾いたり、最悪の場合、
倒壊したりという事になりかねません。いくら外壁をキレイにしても、基礎がダメだったら意味がありません。

そうなる前に塗装して守りましょう。まずは下地処理(クラック等)をして、中塗りをしていきます。この作業はウールローラーで薄くベース塗りしていきます。その後(乾燥後)に鎖骨ローラー(マスチックローラー)で上塗りをしていきます。しっかりと厚みをつけて揺れやひび割れに強い壁に仕上げていきます。

左 中塗り(アステック ベースガード) 右 上塗り(カラー:ライトグレー)

 

 

 

 

 

 

~木部塗装~

◆染み抜き
頑固な汚れを取り除く作業です。薬品を刷毛で擦りながら塗って行き、しばらく放置します。汚れが浮き出た所を確認し、水だけをつけた刷毛で洗い流します。この工程が最も重要でこの時点で汚れを残すと、後々まで汚れが残るだけでなく、色も入らないという最悪な事になります。しっかりと染み抜き作業をしていきました。

 

 

 

 

 

 

◆中塗り(キシラデコール
しっかりと染み抜き、あく抜きをした後は白木の状態にまで戻っているので、
色がしっかりと吸い込んでいきます、キレイに色が入っていくと仕上がりも最高ですね!

 

 

 

 

 

 

◆上塗り(カラー:ピニー)
上塗りの作業ですが、吸込みムラ出たりするので確認しながら塗っていきました。
この塗料は防虫、防カビ性があるので汚れも寄せ付けません!

 

 

 

 

 

 

施工完了!!!


 

施工前

 

 

 

 

 

 

施工後

 

 

 

 

 

 

施工前は、サッシ廻りにクラック(ひび割れ)が酷く、紫外線でチョーキングも出ていて、よろしくない状態でした。しっかりと下地処理をさせてもらい、尚且つ伸びる魔法の塗料(EC5000PCM)を塗らせてもらいました。

防水性、耐久性にも優れた塗料でお家にとって最高の鎧を着させてあげることが出来ました。

これで雨漏りやひび割れの心配はいりませんね!

和風の風情があり、落着きのある家に仕上がりました!


広島で外壁塗装のことならお任せください。
電話番号:082-847-2648

ホームページはコチラ↓↓

http//www.harakenkou.com/

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。