広島市東区牛田新町にお住いの「杉山さま」屋根・外壁塗装の事例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

広島市東区牛田新町にお住いのお客様の屋根・外壁塗装を行いました!

 

 

 

 

 

 

 

金額が高いのか安いのか相場がよくわからずに訪問業者と契約しようとしていた杉山さま。

インターネットの「いえぬり」からの紹介で数社と検討されており、
その時に高すぎるのでやめたほうが良いとアドバイスをしていただいたのが決め手となり、
また、親方の人柄に惹かれ、ご契約となりました。

工事後の感想
大変満足しております。きれいに仕上げていただきました。
作業中に屋根の修理も必要と分かったときにもアドバイス(保険について)していただきました。

施工前はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初はサイディングの継ぎ目にあるシーリングが切れているということで、
しっかり打ち替えて塗装を行う予定でした。しかし、屋根に上ってみると、漆喰が腐っていました…!!
瓦を止めているビスが緩んできており、そこから水が入り込んでしまっていたのです。
急遽、屋根工事もすることとなりました。
屋根の状態は、実際に上ってみないとわからないことが多いですね。

 

~外壁塗装~

 

◆高圧洗浄

トルネード洗浄で勢いよく外壁の汚れを落としていきます。
普段掃除しないような場所もしっかり洗い流し、これだけでもピカピカです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆シーリング打ち替え

サイディングボードという種類の外壁ですが、実はこのタイプの外壁はシーリングが一番大切です!
ボードとボードをつなぐこのシーリングが切れてしまうと、中に水が入ってしまい
ボードごと腐らせてしまいます。切れているところを見かけたら、早急に対応することをお勧めします。
塗り替えの際は、悪いところ全てを取り除いて打ち替え、その上から塗装をするのでこれで安心ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆下塗り(アステック エポパワーシーラー)

この作業は塗料を密着させるための下塗りで、わかりやすく言うとノリみたいなものです。
下塗りでしっかり下地を固めて中塗りとの密着をよくします。

 

 

 

 

 

 

◆中塗り(アステック リファイン1000MF-IR

中塗りでようやく色がついていきます。このとき、下塗りが透けないように塗るのがポイントです!
中塗りをしっかりすると上塗りも塗りやすいんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

◆上塗り(カラー:トゥルーホワイト/8113

(正面アクセント カラー:パイオニア/8075)

仕上げ塗りになるので、ムラが無いように丁寧に仕上げていきます。
しっかり中塗りが乾いているかも確認が必要ですよね。
半乾きの状態で塗ったりすると、硬化不良になったりするのでよくないですね。

 

 

 

 

 

 

 

~屋根塗装~

 

◆高圧洗浄

カビやコケなど勢いよく洗い流します。
こちらは、モニエル瓦という瓦です。
モニエル瓦は、スラリー層というなかなか取れない汚れの層が付着しています。
二回洗浄することでしっかり汚れを落とし、キレイにしてから塗装します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆下塗り 1回目(アステック モニエルパワープライマー

モニエル瓦は塗装において一番コストがかかる塗り替えです。
まずは、プライマーを塗布することで下地を固めていきます。

 

 

 

 

 

 

 

◆下塗り2回目

モニエル瓦は吸い込みが非常にある瓦です。
一度の下塗りでは吸い込みが止まらないので二回塗ることが重要です。

 

 

 

 

 

 

 

◆中塗り(アステック スーパーシャネツサーモF

下塗りでしっかり下地がかたまっているので中塗りが塗りやすいですね。
この時吸い込みがまだあると、密着不良や、色にムラができてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

◆上塗り(カラー:マホガニー/9115

上塗りで膜厚をつけて、耐久性を上げていきます。仕上がりも二回塗ることでピカピカに仕上がります。
太陽に当たるとまぶしいぐらいですね。

 

 

 

 

 

 

 

屋根ビフォーアフター

施工前

 

 

 

 

 

 

施工後

 

 

 

 

 

 


瓦を止めているビスが緩んで雨水が侵入し、木と漆喰が腐っています。

こうなると一度瓦を取り外し、木と漆喰ををやり替えてからもう一度瓦を積みなおします。

これでもう雨漏りや、崩れる心配もいりません!安心して過ごすことができますね。

早く見つかって本当によかったです。

 

~その他塗装~

 

◆雨どい塗装 中塗り(アステック マックスシールド1500Si-jy

中塗りの前に一度雨どいを擦って傷をつける作業が必要です。
この作業をすることで密着性がよくなります。
一緒に汚れも落とします。

 

 

 

 

 

 

 

◆雨どい塗装 上塗り(カラー:チャコール/8079

上塗りは最後の仕上げになります。壁などに散らすことなく丁寧に仕上げていきます。
二回塗ることで厚みもつき、強くなります。

 

 

 

 

 

 

 

◆軒天塗装 中塗り

軒裏はそこまで汚れないところだと思いますよね。
しかし、よく見るのが蜘蛛の巣がたくさんあったり、黒ずんでいたりしています。
防カビ性に優れた塗料を塗るのがいいですね。

 

 

 

 

 

 

 

◆軒天塗装 上塗り

塗りムラにならないように丁寧に塗ります。
軒天を塗装しているときは、顔が塗料まみれになるんです。鏡を見るとびっくりします(笑)

 

 

 

 

 

 

 

◆ベランダ 鉄部塗装 錆止め(アステック エポパワーメタルJY

鉄部は年月が経つと錆びてくるので、一度錆止めを塗って錆が出てこないように抑制します。
下塗りにもなるので、密着性も上がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

◆鉄部塗装 中塗り(アステック マックスシールド1500Si-jy

鉄部には溶剤の塗料を使用します。
錆止めが透けてこないように塗ります。厚く塗りすぎないように気を付けながら塗ります。
一度に厚みをつけてしまうと、垂れたり、塗膜の割れが生じてきますので注意ですね。

 

 

 

 

 

 

 

◆上塗り(カラー:チャコール/8079

仕上げ塗りです。これでピカピカになり雨水もはじきます。
光沢も出て以前のイメージとガラッと変わりましたね。

 

 

 

 

 

 

 

◆水切り塗装 錆止め(アステック エポパワーメタルJY

水切りは雨がよくあたる部分です。錆止めをしっかり塗ることで今後の鉄部の持ちが変わってきます。
何年かしてすぐ錆びてくると嫌ですからね。

 

 

 

 

 

 

 

◆水切り塗装 中塗り(アステック マックスシールド1500Si-jy

錆止めを中塗りで覆っていきます。錆止めを中塗りで隠すことで効果が出ます。
錆止め塗料をむき出しにすると効果はありません。上から重ねて塗ることがポイントです!

 

 

 

 

 

 

 

◆水切り塗装 上塗り(カラー:チャコール/8079

中塗りがしっかり乾いているうえで塗装を行います。
ハケ目が出てこないようにキレイに仕上げていきます。

 

 

 

 

 

 

 

塗装完了しました!!


 

施工前

 

 

 

 

 

 

 

 

施工後

 

 

 

 

 

 

 

 

施工前とガラッとイメージが変わりましたね!一色から二色にすることでおしゃれなお家になりました。

白をベースにアクセントでパイオニア色を持ってくることで引き締まりますね。

屋根も漆喰の問題がありましたが、すべて新品にやり替えたことで、もう安心ですね!

いつまでもこの輝きを保ち、汚れない家になるといいですね♪

広島で外壁塗装のことならお任せください。
電話番号:082-847-2648

ホームページはコチラ↓↓

http//www.harakenkou.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。